2018年02月11日

脳につけるマイクロチップの絶大な効果と驚愕の結末


ヨハネの黙示録 
彼のたくらみで、偉大な者、小さな者、貧しい者、富む者、自由民、奴隷のすべては、右の手と額にしるしをつけさせられた。
獣の名、あるいはその名の数をしるされている者の他は、誰も売買することが出来ぬようにするためである。
知恵はここに必要である。知恵のある者は、獣の数字を数えよ。
それは人間の数字であって666である。
(ヨハネの黙示録13章16〜18)



Screen Shot 2018-02-05 at 7.06.05 PM.png

Screen Shot 2018-02-05 at 7.06.43 PM.png

 

前記事で説明した「獣のしるし」だろうと言われている FRIDマイクロチップの人間への実装は、すでに始まっています。


 下の動画は、米国ウィスコンシン州の会社が、社員の約半数の希望者の手にマイクロチップを埋め込んだ日の様子で、「チッピング・パーティー」と称して、賑やかに宣伝しています。

 Tシャツには、「I GOT CHIPPED!」と書かれていて、「チップつけたよー!」みたいな感じですか。



社員にマイクロチップを勧める企業(米国ウィスコンシン州)
US: Wisconsin company offers optional microchips for employees



今のところは、「希望者のみ」ということですが、断るのはだんだん難しくなるでしょう。チップをつけていない人が少数派になるほど、使えないヤツだ、とか面倒なヤツだ、とか阻害されるようになるだろうからです。

300ドル(約3万円)もするチップの費用は会社持ちですし、このケースは、先端技術の会社のむしろエリートたちでしょう。


 が、生活保護者とか、身障者も、国や自治体の給付金やサポートを受けるために、マイクロチップを受けなければならなくなる、という米国の話も読みました。不正受給を防ぐために、ということですが、そうなってくると、困窮する人たちはチップを受けざるをえません。


 また、一般には、手をかざす動作に慣れさせるためか、指輪がまず普及しそうです。我が家にも「クレジットカードを指輪型に変えませんか?」とのお誘いが来ています。高機能で、防水で、29ドル(約2500円)です。
 指輪を使うのも、埋め込んだマイクロチップを使うのも、手の動作としては、ほぼ同じですから巧いアイデアだと思います。
 
 失くしたり、盗まれたりする人が出て、やっぱりマイクロチップでないと、という流れになりそうですね。


役に立つスマートリング
Token’s smart ring is so helpful, it would make Tolkien jealous


https://www.digitaltrends.com/wearables/token-smart-ring-for-payments-passwords/



。。。。。。。。。



 ところで、黙示録の一節には「彼のたくらみで手と額にしるしを付けさせられた」とあるので、「では額の方は?」と、思われた方もあるでしょう。
 額の「獣の印」とは、おそらく脳につけるマイクロチップのことで、これについても準備が進んでいます。



脳にコンピューター・チップ/フューチャー・スコープ
Computer Chips in Your Brain | Futurescape





 これも上の動画のように、良いものとして紹介され、すでにプロパガンダが始まっています。

* 落ち着きのない子供、ぼんやりした子供も、しっかりとしたハキハキ話せる賢い子供になる。

* わずか数週間で新しい言語が話せるようになる。

* 記憶の容量が飛躍的に大きくなる。

などなど。(下の動画、1:02:07 ~ 1:03:33)


これは幾分かは事実で、良い側面はあります。
しかし、脳につけるマイクロチップは、外から行動や思考をコントロールされるという非常に危険な側面もあります。







 脳につけたマイクロチップ(エレクトロと呼ばれていた)でコントロールすることは、ずいぶん以前(1960年頃)から、動物で実験されていました。
 上の動画の 58:50:00 あたりから、闘牛で有名なスペインで、獰猛な雄牛の脳にマイクロチップをつけた実験の様子です。 
 赤いマントで煽ると雄牛が猛り狂って突進していきますが、外から脳にシグナルを受けたとたんに止まり、うろうろとしています。猛り狂う感覚が失われるのでしょうか。
 このような実験で、雄牛の筋肉や反射(的行動)を遠隔操作できることが証明されたようです。
 その次の猿の実験は、さらに進んで、特殊な磁場を作ることによって、チップなしでも脳をコントロールすることができる、というものです。


 (余談になりますが、集団ストーカーという社会現象があり、組織的ストーカーたちは、ターゲットになった人の脳に対してイタズラをすると言われています。脳内にシグナルを送られて、頭の中に絶え間無く声がするようになってしまいます。このテクノロジーの一種の人体実験です。*注1)



 動画の 59:20~ 59:33 で、ホセ・デルガド博士という人が、
「(脳のコントロールには)素晴らしい可能性がある、外から脳の働きを調節できる、脳内にメッセージを送ることもできる。」と言っています。

さらに、59:42 ~ 59:51では、
「脳のあらゆる機能、感情(と理性)、理論構築(相互作用)、人格(の形成)などを修正、調節できる」とも言っています。

 最後の方 (1:00:30 ~1:00:55) で繰り返されているのは、
「もし、動物の脳にエレクトロ(マイクロチップ)を埋め込むことが可能ならば、人間の脳にもできるんじゃないか?」という言葉です。

。。。。。。。。。。。。。


  すでに、チェス(将棋)や囲碁などでは、人間の最高峰である名人級の人たちが、人工知能にかなわなくなっています。人工知能は、一人の人間が百万年かかっても習いきれない量のあらゆる定石や過去のプロ棋士の対局を閲覧して習得し、勝負に生かすことができるからです。
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22407340Y7A011C1TI1000/


 脳のマイクロチップで、直接コンピューターとデータのやり取りができるようになると、マイクロチップを付けて脳のキャパシティを増した人々と、自然のままの人々との能力の落差が大きくなるでしょう。数十カ国語を話せるのが当たり前の人々と、一つの言語しか話せない人々という風に。
 お金のある人々は、むしろ喜んで、脳にマイクロチップをつけるようになるかもしれません。

 上から2番目の動画(脳にコンピューター・チップ/フューチャー・スコープ)の一番最後(2:50〜)に話しているJack Uldrichという人は、「まず財力のある人たちが脳のマイクロチップを付けるようになり、超人的な能力を使って世界の権力を一手に納めるようなことになる危険がある」と懸念しています。


 しかし、いくら超人的な能力を手に入れても、脳にマイクロチップをつけたら、さらに上の権力を持つ人々に隷属することになるのは間違いありません。
 それで、従順で能力の高い人々が、ある指図に従って、社会全体を一つの方向に向かわせるようになるだろうと思います。
 それは究極的には、命令が来たら、すべての人々が平伏して「獣」を礼拝する、ということでしょう。


地上に住む人々で、屠られた子羊の命の書に世の初めからその名を記されなかった人々は皆、彼を礼拝するであろう。
耳ある者は聞け。捕らわれる者は捕われ、剣で死ぬ者は剣で殺される。
こうして聖徒たちの忍耐と信仰が現れるのである。(ヨハネの黙示録13:8〜10)


 まだ、時間はかかるかもしれませんが、いずれは、

「獣の像に命を与えて口をきかせ、獣の像を礼拝せぬ人々を皆殺しにすることを許された」(ヨハネの黙示録13:15)

という時代も来るでしょう。



 「獣の印」について、黙示録には「知恵はここに必要である。知恵のあるものは獣の数字を数えよ。」と、命令形で書かれています。

 聖書に聞き従う、ということは、神の意に添うことなので、こういった命題についてあまり興味のない方々も、少し考えてみることも良いと思います。
 上の言葉は、「あなたの知恵を使い、獣の数字の意味を認識せよ。」という意味に受け取れると思います。

 また、聖主イエズスも、
「蛇のように聡く、鳩のように素直であれ。」(マテオ10:16)
と、おっしゃいました。

素直な心で祈ることが一番大事ですが、聡く知恵を使って悪を避けることも必要なのだと思います。


 社会のトップにいる人々に比べれば、本当に愚かな弱い私たちですが、万が一にも正しい信仰を捨て獣を礼拝することのないように、それよりは世に死ぬことを選べるように、聖母マリア様のご加護を願いたいと思います。
 心から信頼して共に祈りましょう。



。。。。。。。。



 注1* 
 集団ストーカーという社会現象が(日本でも)あります。ターゲットにされると、いろいろな他人が入れ替わり立ち替わりストーカーして嫌がらせをしてくるそうです。
 そればかりでなく、1960年代頃から、おそらくこのテクノロジーを使った実験をされている人々が出始めました。朝から晩まで頭の中に声が聞こえるようになるそうです。他人に話すと、統合失調症と間違われるので、理解できない人に話してはいけません。
 これについては、かなり増えてきた被害者たちが協力して活動したり、ネットでアドバイスしたりしていますので、興味ある方、または同じような被害にあっている方は調べてみることをお勧めします。いくらか軽減する手段もあるようです。
 一部のカトリックの神学生、聖職者、修道者も、ターゲットにされているかと思います。

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。

posted by テレジア at 02:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド