2018年07月04日

文語と口語の洗礼式の文


実は、昨年の11月26日(王たるキリストの祝日)に、私が父に緊急洗礼を授けていました。

その前日には、父が、「洗礼を受けます」と、言いましたので、準備をしました。
父は具合が悪く、在宅酸素療法を続けていて、いつ何かあっても覚悟ができているように、と医師に言われておりましたし、私が次に実家を訪問するのは翌年5月の予定でしたから、その前に もしものことがあってはいけない、と思ったのです。

「我、父と子と聖霊との御名によって汝を洗う」と、文語で覚えていましたが、
絶対に間違えないようにと、言葉を検索して再確認しました。
でも、父のパソコンは年代物で、肝心な時にうまくいきません。その日のうちに出発しなければならない私は焦りました。自分のブログも出せず、出たのは、カトリック協議会の口語の文でした。

それで、「ヨゼフ、私は父と子と聖霊との御名によって、あなたに洗礼を授けます。」と言いながら、3回聖水を流して、洗礼を授けました。
その前に、私と母とで、使徒信教、主祷文、天使祝詞、栄唱を一度ずつ唱えて、父は一つ一つに「アーメン」と答えました。

私は、とても緊張していたのです。また、最後まで、文語にしようか、口語にしようか迷ったのもあります。それで、洗礼を授ける言葉の「私は」、と「あなたに」を、忘れたかもしれないのです。

日本語は省略の言語です。なので、話し言葉では意味が通じるんですね。「愛してる」とか。
でも、秘跡の形相として、主語も目的語も無しは、どうでしょうか?

きっと、お優しい天主様は、私の意図を汲んで有効な秘跡にして下さったでしょう。
でも心配でした。
それで、3月に父の具合がとても悪くなったときに、小野田神父様にお願いして、条件付きの洗礼を授けていただきました。

条件付きの洗礼(あるいは堅信)とは、もし霊的に最初のものが有効であればそれで良い、もし有効になっていなかった場合は、あとのものが秘跡として有効になる、ということです。

いずれにしても、神父様に、良い洗礼式をしていただき、安心しましたし、多くの祈りも捧げていただき、本当に良かったと思いました。
私は、大人の洗礼式が、あんなに長くかかることは覚えていませんでした。


それにしても、こんなに大事なことには、日頃から良く準備ができていないといけない、そしてやはり、文語で、「我、聖父と聖子と聖霊との御名によって汝を洗う」(われ、ちちとことせいれいとのみなによってなんじをあらう)と、しっかり覚えていなければ、と思いました。
文語だと、うっかり間違えて言葉を抜かす、ということは、まず無いんですね。ひとくくりのようになっていますから。

全ては主の御摂理のままに。
感謝のうちに。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。
posted by テレジア at 15:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド