2017年04月04日

4月4日は福者フランシスコの命日



福者フランシスコ.jpg


4月4日は、ファチマの牧童、福者フランシスコの命日です。

普通は、福者や聖人の命日が、新しい命の始まった日として記念日になることが多いのですが、フランシスコの記念日は、妹ヤシンタの命日2月20日に一緒に祝われます。


ファチマでのフランシスコの役割は何だったのでしょうか?

3人の幻視者の中では、最も目立たない存在です。
聖母を見ただけで、お声も聞こえませんでした。

天国へ行けますか、との問いに、ヤシンタについては、聖母は「いけます」と言われましたが、フランシスコは、「彼も天国へ行くでしょう。しかし、彼はロザリオをたくさん唱えなければならないでしょう。」と、条件を出されています。

もしかしたら、男の子ですから、おとなしく座ってお祈りをする、といったことが苦手だったのかもしれません。日常のいろいろなことも雑で、女の子たちのようにキチンとしていなかったのかもしれません。

でも、フランシスコが、聖母出現での役割に関して、二人の少女と自分を比較して羨んだり、妬んだりしなかったことは、本当に素晴らしいと思います。

世間でも、よくありがちなことですが、何かで2番や3番の人が、1番の人を妬む、というのは多いのです。自分が素晴らしいタレントをいただいていて感謝すれば良いのに、より多く受けた人を妬むとは、残念なことです。

いろいろな聖母出現でも、自分の修道会に大きな恵みを受けたことを喜び感謝すれば良いのに、リパのように、恵みを伝える役割を担った人を妬む、ということがあるのは、大変残念なことです。
「預言者を預言者として受け入れる人は、預言者と同じ報いを受ける」(マテオ10・41)とは慰めに満ちた聖句だと思います。それぞれ自分の「分」を果たすことが善なのです。


フランシスコは、聖母を幻視するという、素晴らしいお恵みをいただき、謙遜に受け入れ感謝したことによって、短期間に素晴らしく霊的に成長したのではないでしょうか。

フランシスコの謙遜と隠れた善行、改心と償いの努力に学びたいと思います。

3人の幻視者たちは、もうすぐ列聖もされるようですね。
http://ja.radiovaticana.va/news/2017/03/23/ファティマの牧童フランシスコとジャシンタ、近く聖人に/1300782

お取り次ぎを願いましょう。聖母の近くにいる子供たちは、聖母マリアから多くの恵みを受け取ってくださるでしょう。



ファチマの真実(2)から、小さな福者フランシスコの紹介を引用します。

。。。。。。

(引用ココから)。。。


フランシスコ・マルト(1917年10月−1919年4月4日)

フランシスコは瞑想的で優しい心の持ち主でした。彼は御出現を受けて聖母と神御自身が無限に悲しそうであると感じ、この御二人を慰めたいといつも考えていました。

エフェソの信徒への手紙の中で聖パウロが「神の聖霊を悲しませてはいけません」(4,30)と言っているように、神は私たちの罪のために悲しまれるのです。

イエズスはゲッセマネで祈られたときに「わたしは死ぬばかりに悲しい」(マルコ、14,34)と言われました。

イエズスの御受難を預言していると言われる詩編69ではこう言われています。「わたしが受けている嘲りを、恥を、屈辱をあなたはよくご存じです。わたしを苦しめる者は、すべて御前にいます。嘲りに心を打ち砕かれ、わたしは無力になりました。望んでいた同情は得られず、慰めてくれる人も見だせません。人はわたしに苦いものを食べさせようとし、渇くわたしに酢を飲ませようとします」(20-22)。

イエズスはパレ・ル・モニアルで聖マルガリタ・マリアに御出現になったとき、詩編のこの言葉と同じ嘆きを、棘に取り巻かれた御自分の聖心をお示しになりながら洩らされました。


フランシスコはこの神の悲しみを慰めたいと心底から思っていました。彼は妹のジャシンタといとこのルシアにかつてこう言っています。

「ぼくは神様をとても愛している。だけど罪があまりにも多いので、神様はたいへん悲しんでいらっしゃる。ぼくたちはもう二度と罪を犯してはいけないんだ。」


すでに1916年にカベソにおいて 天使が3人の子どもたちに御聖体のうちにおられるイエズスに対する侮辱の償いをし、イエズスを慰めるように招きました。

御聖体と御血を与える前に天使は彼らにこう言いました。「恩知らずの人々によって恐ろしく侮辱されたイエズス・キリストの御身体を受け、御血を飲みなさい。彼らの罪のために償いをし、あなたがたの神を慰めなさい。」


フランシスコはこの償いと慰めが祈りと犠牲によって行われることをよく理解していました。

フランシスコは一人でいることを好み、神を慰めるためによく祈りました。彼はまた食事や水を自らに制限して犠牲を捧げ、神を慰めていました。

フランシスコは神の「悲しみ」に対する感受性を持っていましたが、同時にまた病人や苦しんでいる人々に対して同情する優しい心を持っていました。彼は人から祈りを頼まれると必ず約束を守り、また彼の祈りはよく聞き入れられました。


1917年6月13日の御出現のとき、ルシアは聖母に天国に連れて行ってもらえるかどうかを訊ねていますが、聖母はそれに対して「ええ、フランシスコとジャシンタをまもなく連れて行きます」と答えておられます。このときからフランシスコとジャシンタは自分たちの生命がそれほど長くないことを知っていました。フランシスコは最後の御出現から1年半後に天国に召されるのです。

聖母から天国へ連れていってもらえるという確信と神の「悲しみ」に対する特別の感受性はフランシスコの行いをよく説明します。彼は短期間に驚くほど進歩しました。彼はある婦人から将来何になりたいか、いろいろの職業を挙げて質問されますが、そのどれをも否定してこう言っています。「そのどれにもなりたくありません。ぼくは死んで天国に行きたいのです」と。彼は「隠れたイエズス」すなわち、御聖体をしばしば訪問します。


最後の御出現からわずか1年後の1918年10月終わりにスペインに端を発したインフルエンザがヨーロッパに猛威を振るい、ポルトガルにも大流行します。8歳だったジャシンタと10歳だったフランシスコもこのインフルエンザにかかります。

フランシスコもジャシンタもいったんはよくなるのですが、12月23日に再び悪化します。このとき特にフランシスコは半月も高熱が続き、動くこともできないほどになりました。

そのような病状にもかかわらず、フランシスコはいつも明るく振る舞い、主イエズスを慰めるために自分の苦しみを捧げていました。


ジャシンタがルシアに語ったところによると、聖母がフランシスコとジャシンタに再び御出現になり、フランシスコをまもなく天国に連れて行くと言われたそうです。おそらく1918年のクリスマスの頃だったようです。

翌1919年1月の半ば頃には2度目の回復の兆しがあり、起きあがれるほどでした。家族は喜んだのですが、フランシスコは自分の運命をすでに知っていて、「聖母がまもなく迎えにこられます」と繰り返していました。

1月の終わりか2月の初めにフランシスコは懐かしいコヴァ・ダ・イリアへ行くことができました。彼はそれがこの祝福された土地への最後の訪問であることを知っていました。


フランシスコは自分の役割がイエズスの聖心と聖母マリアの汚れなき御心を慰めることであるということをよく知っていました。彼が病床に臥していちばん残念だったことは、教会に行って御聖体の前で長い時間を過ごすことができなくなったことでした。


4月2日水曜日、フランシスコは御聖体をうけるために告解をしたいと望み、父のティ・マルトは教区司祭フェレイラ師に家に来てくれるように司祭館まで頼みに行きます。フランシスコは告解のための入念な準備をします。告解の後、遂に念願の聖体拝領をします。



1919年4月4日金曜日フランシスコは最後の日を迎えます。彼は母親を側に呼び、こう言います。「お母さん、ドアの側にあの美しい光を見てよ!」しばらくして、「もう見えないよ」。夜10時頃、彼の顔は天使のほほえみで輝き、苦しむことなく静かに息を引き取ります。



4月5日土曜日小さな葬列がフランシスコの遺体をファチマの墓地へ運びました。ルシアは涙ながらに葬列に加わりましたが、ジャシンタは病床にとどまらなければなりませんでした。このようにして、聖母の預言は成就し、ファチマの幻視者の一人が天国へ旅立ちました。



フレール・ミッシェルは聖ルイ・ド・モンフォールの次の言葉がフランシスコに適用できると言っています。「人は自分自身の意志に長年従い、自分自身に頼ることによってよりも、短い時間にマリアに従い、より頼むことによってより多く進歩する」。



引用元はコチラ
http://www.d-b.ne.jp/mikami/fatima2.htm

。。。。。。。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。










posted by テレジア at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り、信心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド