2017年08月09日

被曝するとどうなるのか

8月9日は、長崎の原爆記念日ですね。

特に、長崎と広島で亡くなった方々のために、お祈りいたします。

被曝するとどうなるのか、知ることも大事ですね。


米軍によって撮影された被爆者の映像
https://www.youtube.com/watch?v=aobGUblXiMw


東海村原発事故の被災者の画像

Screen Shot 2017-08-08 at 10.48.05 PM.png
DNAが破壊されると皮膚が再生されない


Screen Shot 2017-08-08 at 10.46.51 PM.png
皮膚がなくなり処置を続けた状態の体


核兵器も、原発も、無くなるよう、祈ります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。


2017年08月08日

ウサイン・ボルトも身につけている聖母マリアの「不思議のメダイ」(再掲)


 ウサイン・ボルト、引退なんですね。
 最終レースは、3位でした。

 ここ数日、以前の記事へのアクセスがすごいので、興味ある方が多いんだなぁと思いました。
 なので、再掲します。去年の8月の記事です。

 不思議のメダイによる恵みの拡散の一助となりますように。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(過去記事 ココから)


 ウサイン・ボルト、また金メダルですね。
3大会連続の100m金メダル、すごい!

 この後は、トリプル/トリプル(100m、200m、100mx4リレー X 3大会)への挑戦です。

 テレビで、100m決勝のレースを見ていたら、ウサイン・ボルトの首の周りに、金色の「不思議のメダイ」らしきものが、かかっています。。。??

「え、まさかね?」と思ってググってみたら、やっぱりそうでした。沢山出てきました。

 日本語の記事では、「不思議のメダイ」の話は無いようなので、英文記事の一つを試訳してお届けします。


。。。。。。。。。。。。。。。。。
(引用ココから)

【カトリックのウサイン・ボルトが肌身離さず着けている唯一の金メダル】

 ジャマイカのオリンピック選手、ウサイン・ボルトは、世界一速い男として知られ、多くの世界記録とオリンピック金メダルを獲得している。2008年のロンドン大会では3つの金メダル、2012年の北京でもさらに3つの金メダル、現在開催中のリオ大会にも出場中である。


ウサインボルト.jpg


 しかし、ウサインボルトが常に身につけているただ一つのメダルは「不思議のメダイ」だ。
(カトリックでは信心用のメダルをメダイと呼ぶ *管理人注)

 ウサイン・ボルトは、”聖レオ”というミドルネームを持ち、レースの前には十字架のしるしをする敬虔なカトリックとして知られている。
 さらに、彼はバチカンにスピーチのために招かれたり、レースの時でさえも「不思議のメダイ」を首にかけているのを、しばしば見かけられている。

 不思議のメダイを知らない人々のために説明すると、「不思議のメダイ」とはカトリックの信心のためのメダルで、1830年に、聖カタリナ・ラブレという修道女に幻視の中で託された。

 聖母マリア自身によってデザインされたといわれるこのメダルは、「罪無く宿られたマリアよ、あなたに依り頼む私たちのために祈ってください」という言葉が、半球の上に立つマリアの周りを囲っている。腰の高さに広げられた両手の指からは光線が流れ出ている。

 裏面には、大きな「M」という字とそこから立っている十字架を12の星が囲っている。その下には炎の燃える2つの心があり、その一つは棘で囲まれ、もう一つは剣で刺されている。


不思議のメダイ.jpg




 この幻視の中で、聖母マリアは、「このメダイを身につける者、特にこれを首にかける者は、大きな恵みを受ける」と約束された。


 ウサイン・ボルトは、すでにリオ大会でも100m男子で、金メダルを獲得している。次は200m男子でも金を狙う。

(引用ココまで)


元記事はコチラ
For Catholic Usain Bolt, There’s Only One Gold Medal He Always Wears
http://ucatholic.com/blog/catholic-usain-bolt-theres-one-gold-medal-always-wears/


他にもいろいろな記事があります。

Usain Bolt, His Catholic Faith, and His Miraculous Medal
http://epicpew.com/truly-miraculous-medal-usain-bolt-catholic-faith-2/

The Miraculous Medal runs the 100 meter race with Usain Bolt at the Olympic Games
http://famvin.org/en/2016/08/15/the-miraculous-medal-run-the-100-meters-career-with-usain-bolt-at-the-olympic-games/


。。。。。。。。。。



 この不思議のメダイは、いわば「最強のお守り」と言って良いものだと思います。
 カトリックでなくても、クリスチャンでなくても、いつでも、特に辛い時、悩む時に、身につけていることをお勧めします。
 聖母マリアが、蛇を踏んでいるのは、「あなたの苦しみの源を踏み砕きます」という意味で、心が刺されているのは「あなたの苦しみを理解しています」という意味に受け取れます。


貴金属のものでなければ、比較的安価で手に入ります。

ドンボスコ社の不思議のメダイ
http://www.donboscosha.com/product-list/167


無料で配っているところもあります。
高価なものでも、手頃なものでも、効果は同じです。


 このメダイは、上の記事にあるとおり、聖母マリアの出現によってカタリナ・ラブレという修道女に示された後、大戦中にまさに奇跡的に広がりました。
 このメダイに敵の弾が当たって止まり死を免れた、とか、瀕死のときに聖母が現れて助けてくれた、とか、もう本当に多くのいろいろな体験談があるのです。

 西欧では、「ルルドの奇跡の泉」と並んで最も有名な「不思議のメダイ」です。


 メダルを身につけるにあたって、信心は必要ですが簡単です。
 このメダイの表の聖母の周りに書いてある言葉を唱えれば良いのです。

 日本語で、カトリックの人なら、
「原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身に寄り頼み奉る我らのために祈り給え」

キリスト教でない人なら、
「汚れなき聖母マリア、私たちのために祈ってください」

と、唱えると良いと思います。

 願うのは、「御利益」ではなく「幸福」です。

 不思議のメダイを身につける兄弟姉妹の皆さんのために、私も共に心から祈っております。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。







2017年07月24日

マーチに参加された一人ひとりに祝福が豊かにありますように



今年のマーチフォーライフから、はや一週間。 皆さん、暑い中、お疲れ様でした。

ネット上にも、いろいろな写真やレポートが挙がっているようですね。
リンクを貼っておきますので、興味ある方はどうぞ。


マーチフォーライフ代表の方のレポート。

派遣される喜びのうちに マーチフォーライフ2017
http://www.japan-lifeissues.net/writers/ike/ike_02withdispatchedjoy.html

協力者のブログ
http://blog.goo.ne.jp/fatimanoseibo/e/e5fb4acfde926d922c11af5f9a420581


マーチに参加されたアイルランド人のNeilさんのサイトには、当日の写真がたくさん載っています。英文です。

March for Life Japan – 2017
http://www.daylyknightly.com/prolife/

上のサイトの記事から写真を転載しました。(許可をいただいてます。)


Screen Shot 2017-07-25 at 7.27.35 PM.png
暑い夏の日差しを浴びてマーチフォーライフはスタート


Screen Shot 2017-07-25 at 7.30.22 PM.png
ニコニコマーチ



Screen Shot 2017-07-25 at 7.30.45 PM.png
手製の幟を持ってマーチ


Screen Shot 2017-07-25 at 7.37.16 PM.png
ベビーカーを押すお母さんも、家族と一緒に


Screen Shot 2017-07-25 at 7.34.33 PM.png
赤ちゃんを抱えたお父さんも、神父様も


Screen Shot 2017-07-25 at 7.43.40 PM.png
あ、ここにも赤ちゃんが


Screen Shot 2017-07-25 at 7.35.17 PM.png
いい笑顔


Screen Shot 2017-07-25 at 7.33.45 PM.png
延々と続くマーチ


Screen Shot 2017-07-25 at 7.31.19 PM.png
今年は150人くらい参加



Screen Shot 2017-07-25 at 7.39.30 PM.png
ちょっと疲れが出てきた後半戦



Screen Shot 2017-07-25 at 7.41.59 PM.png
ケソック姿の神父様、暑くて大変だったことでしょう



Screen Shot 2017-07-25 at 7.45.56 PM.png
また来年〜、マリア様と一緒に。




マリア様が一緒のマーチで本当に良かったですね。
写真を拝見していて、聖母マリア様は、マーチに参加された一人ひとりを見ておられると思いました。

聖母マリア様にとって、「その他多勢」という人々は存在しません。
一人ひとりが、皆、可愛い子供達なのです。
一人ひとりの名前を知っていて、それぞれが特別な子どもなのです。

亡くなった多くの赤ちゃんも、一人ひとりが聖母に愛されています。
両親に愛されなかったので、名無しの赤ちゃんたちですが。

この赤ちゃんたちに名前がない、ということが、一人の母として、とても悲しく感じられます。
赤ちゃんたちのその短い生涯で、誰にも一度も愛されなかった印だからです。


マーチに参加された皆様に天主様の祝福が豊かにありますように。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。



2017年07月22日

次男の誕生日にワインとランチ


先日、次男の誕生日に、
回転展望レストランで、ワインとランチ。
素敵なデザートも。

お天気が良くて、景色は最高でした。
感謝。



2017年07月18日

茶色のスカプラリオは聖母への信心の印


うちの神父さまの一昨日のお説教の一部をご紹介します。

。。。。。。。


brown-scap.gif



カルメル山の聖母の祝日です。

茶色のスカプラリオを身に着けることを勧めます。
いろいろな信心の中でも、最も古く確かなものの一つです。

「これを着ける者は、誰であれ、永遠の炎(地獄)で焼かれないだろう」という約束があります。

でも、信仰に忠実で、聖母への愛と信心の印として、身に着けなければダメなんですよ。

こんな話があります。

。。。。。

あまり、信仰について真面目に考えず、茶色のスカプラリオを着けて、さあこれで大丈夫、と言わんばかりの好き勝手をしている信徒がいた。
(まあ、この「好き勝手」とは、普通に考えて、信者の義務を守らない、下ネタ話を平気でする、大酒を飲む、愛人がいる、などでしょうか。)

でも、「マリア様なんだから約束を守らなければならんだろ」と豪語して生活を改めるような様子もなかった。

その人が具合が悪くなり、入院しました。いよいよ最後が近づいてきて息苦しくなってきた時、茶色のスカプラリオは汗にまみれて、首に絡みつくようだった。

その人は、「息が苦しい!こんなものがあるから」と言わんばかりに、スカプラリオの紐を引き千切ってむしり取り、床に放り出した。
その途端に臨終となった。

。。。。。

だからね、神様に挑戦するような愚かなことをしてはダメですよ。

<終>
。。。。。。。。。



茶色のスカプラリオ.jpg


神父さまのお話を聞いて、スカプラリオを脱ぎ着するときにも、丁寧に感謝を込めてしようと思いました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。
















2017年07月16日

カルメル会の聖母の祝日、おめでとうございます




カルメル会2.png



カルメル会の聖母の祝日、おめでとうございます。

大好きな小さき聖テレジアさま、その姉妹方、アヴィラの聖テレジアさま、十字架の聖ヨハネさま、お祈りください。お取り次ぎください。

カトリック信者であれば、茶色のスカプラリオを身に着けましょう。
大きなお恵みがあります。

http://www.d-b.ne.jp/mikami/fc0408.htm


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。






.

2017年07月07日

もう読みましたか? 内閣官房のマニュアル「武力攻撃やテロなどから身を守るために」


海外在住ですが、ニュースなどを見ていると、現在の日本の状況はかなり緊迫しているように思われます。

そのワリには、日本の一般の方々は、気楽になさっているような印象を受けます。

カトリック者の反戦意見も、自己防衛不要と言わんばかりのものもあり、ここまでの事態になっているのに「武力攻撃されるかも」という危機感がほとんど感じられないものが多いのには驚きです。

カトリック右派とか左派とか変な造語もあるようですが、戦争は誰も望みません。
でも、なんであれ、非常事態のために備えをしておくのは良いことではないでしょうか。

外国から武力攻撃された場合の対応として、内閣官房からかなり詳しいマニュアル「武力攻撃やテロなどから身を守るために」が、出されていますので、もしまだでしたらご一読をお勧めします。初版は、平成17年9月9日に出され、その後4回改定されています。

武力攻撃事態等における避難に当たって国民が留意しておくべき事項をとりまとめたマニュアル
「武力攻撃やテロなどから身を守るために」
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_manual.pdf

(上記のリンクが開けないというコメントがありましたので、小分けにしたものを以下に貼っておきます。)

<構成>PDF
  表紙   (1枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_01.pdf
  目次   (1枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_02.pdf
  1 はじめに   (1枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_03.pdf
  2 警報が発令されたら   (3枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_04.pdf
  3 身の回りで急な爆発が起こったら   (1枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_05.pdf
  4 武力攻撃などに応じた避難などの留意点 
 http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_06.pdf
  5 怪我などに対する応急措置   (5枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_07.pdf
  6 日頃からの備え   (2枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_08.pdf
  参考 国民保護あれこれ   (12枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_09.pdf
  裏表紙   (1枚)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_m_10.pdf




こちらもご一読をお勧めします。

北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本に影響があり得る場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html


********************

標準的な対応用品など、普段からの備えも参考になります。
。。。。。

携帯用飲料水
食品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

貴重品(預金通帳、印鑑、現金など) パスポートや運転免許証
緊急用品
ヘルメット、防災ずきん

軍手(厚手の手袋)
懐中電灯

衣類(セーター、ジャンパー類)
下着
毛布
携帯ラジオ・予備電池
マッチ、ろうそく(水にぬれないようにビニールでくるむ)
使い捨てカイロ
ウエットティッシュ
筆記用具(ノート、えんぴつ)

三角きん 消毒ガーゼ ばんそうこう(大・小) 体温計 包帯(4号・6号が便利) きれいなタオル
はさみ・ピンセット キズ口用の消毒液 常備薬 安全ピン (かぜ薬、胃腸薬、痛みどめなど)
緊急用品として、外傷に対応できる各種用品、常備薬などを備えておく。

さらに、新聞紙や大きなゴミ袋は、防寒や防水に 役立ちますので、備えておくとよいでしょう。
数日間を自足できるようにするための備蓄品(3日分が目安)
普段使っている物と同じ物を用意しておくと便利です。
*アルファ米...一度炊いた米を乾燥させたもので、お湯や水を注ぐだけで食べられ、非常食としても活用できる。

飲料水 9リットル(3リットル×3日分)
ご飯(アルファ米*) 4~5食分
ビスケット 1~2箱
板チョコ 2~3枚
缶詰 2~3缶
下着 2~3組
衣類 スウエット上下、セーター、フリースなど

小さな子どもがいる家庭は
ミルク 紙おむつ ほ乳びん

(6。日頃からの備え より引用)
。。。。。。


お祈りのうちに。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。










.
タグクラウド