2017年10月06日

「秋田の聖母の日」の感想と巡礼地での典礼の提案


秋田ファチマの聖母像.jpg


「秋田の聖母の日」が過ぎたと思ったら、もう10月になりました。

秋田の聖母の日に参加された方から、いくつかメールを頂きましたので、ご紹介したいと思います。

。。。。。。
(引用ココから)


「言葉ではうまくお伝え出来ないほど意味深い出来事でした。」

「秋田では 以前よく感じたそのような迷いも消えて行き、本当に楽しい集いでした。

 たくさんの喜びを持って祈りました。

 それと同時に御独り子のイエズスを苦しみのうちに亡くしたマリア様の哀しみに同化すること。それを通じて、辛いことにあっても大きな慰めと愛を感じたのです。」

といった、美しい喜びのお便りも頂いていて、とても嬉しく思います。

多くの方々が、このように喜びを感じ、いろいろな感想を持たれたのではないでしょうか。

聖母マリア様を慕っての祈りの集いに、御恵みの雨が降らないはずがありませんから。


秋田の聖母像3.jpg



また、問題点と今後の課題を考えさせられるメールも頂いております。皆で共に考えていくきっかけになれば、と思いますので、許可をお願いしつつ掲載させていただきます。


「☨ アヴェ・マリア

行って参りました。腰痛がひどく歩行が困難でしたが、バス亭から往復歩きました。
それほど多くの人ではありませんでしたが、厳かな二日でした。
御家族、皆様の為に、ファティマのマリア様に祝福をお願いいたしました。

感想一言。
アジア各国からの多勢の巡礼者のためか、日本語のミサの言葉をローマ字でスクリーンに移し出していました。
これは普遍のカトリックとしては異常なことです。以前のトリエント・ミサであれば皆の心が一つになったでしょう。

今の日本のミサ言葉も異常です。口語でもなければ文語でもありません。また話し言葉、書き言葉が混在しています。謙譲語でもありません。

ある外国人の神父様から、御聖体を拝受しました。跪き、口で拝領ですが、腰痛でしたのでよろよろです。
すると、聖体奉仕会のシスターが、「貴方、洗礼を受けていますか?」と。

私は、ラテン語で神父様に申しあげました。その神父様は何度も私の手を取り慰めてくださいました。

「神父様!以前の様なトリエント・ミサならお集まりの外国の方も、ローマ字の日本語に訳も解らず、祈ることもないでしょう。
こういった世界的な集会には皆が理解出来るトリエント・ミサにしてください」と申し上げました。

私の周りにいた人たちもわいわいと同じことを言っておられました。神父様も同感で「考えましょう」とのお答えでした。

もっと書きたかったのですが,日本の教会の為に考えています。」

。。。。。。。。。
(メール引用ココまで)


Yさん、Fさん、ご感想のメールを本当にありがとうございました。

いろいろ考えさせられます。


確かに、2013年の「聖母マリアとともに過ごす祈りの夜」の インターナショナル・ミサ(各国語を混ぜたミサ)でも、各々の部分は美しいのですが全体としては「つぎはぎミサ」のようだな、と思っていました。

以前、ファチマに巡礼した時には、バジリカ(大聖堂)で、ラテン語のトリエント・ミサが捧げられていて、本当にホっとした思い出があります。欧州は、英語も通じないところが多く、色々苦労した後だったので、馴染みの言葉の響きで癒されました。


巡礼でのトリエント・ミサは、聖座の許可が出ていますので、秋田での「トリエント・ミサ」は、可能なことではないでしょうか。
段取り等が大変でしょうが、司教様のご意向、そして信徒の皆様のご希望とサポート次第と思います。
み旨が行われますように、共にお祈りしております。


教皇ベネディクト十六世自発教令 「スンモールム・ポンティフィクム」から該当箇所を引用しておきますね。


 「§3 希望する信者または司祭に対して、主任司祭は、結婚式や葬儀のような特別な機会や、たとえば巡礼のような臨時の典礼に際しても、この特別な形式のミサ(トリエント・ミサ)を行うことを認めるべきである。」

全文はコチラhttps://www.cbcj.catholic.jp/2007/07/07/3689/


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。









2017年09月24日

ファチマの聖母像安置ミサのお知らせと秋田の追加写真


「司教の日記」(新潟教区長、菊地功司教様のブログ)の「秋田の聖母の日」の記事に、追加の写真がUPされています。

 下のリンクをクリックすると、記事をご覧になれます。
http://bishopkikuchi.cocolog-nifty.com/diary/2017/09/post-aa33.html

 本記事の方では、2枚目の写真をクリックすると、画面いっぱいに拡大され、大勢参加された様子と、聖堂内のファチマの聖母様のご像、そして定位置の秋田の聖母様のご像がよく見えます。



秋田の聖母の日2017.jpg


秋田の聖母の日2.jpg




また、以下のお知らせも載っています。

(9月19日追記:広島でのファティマの聖母像安置のミサは、10月25日水曜日の午後6時から幟町教会で、世界平和祈願ミサとして、私も含め多くの司教が参加して行われます。)


このファチマの聖母像は、「秋田の聖母の日」の集いの後、日本国内を巡回して広島の幟町教会「世界平和記念」聖堂に安置されるそうです。
この特別な想いの込められたファチマの聖母像の安置される教会が、日本の「広島」、「世界平和記念聖堂」というのが意味深いですね。

10月25日、午後6時からのミサに、参加できる方はどうぞ「世界平和」を聖母様が取り次いで下さるようお祈りくださいませ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。









2017年09月18日

産経ニュースの「秋田の聖母の日」の記事


秋田でファチマの聖母像.jpg


今年の「秋田の聖母の日」の集いには、地元のテレビ局も来ていて、その日の夕刻のニュースでも映像が流れたそうです。

新聞のネット版にも、記事が挙がっていました。
記事の中では、秋田の聖母像が涙を流したこと、「アワ・レディー・オブ・アキタ」として海外でも有名なこと、ポルトガルのファチマの聖母出現の概要などが書かれており、今回は、その東西の聖母出現のマリア像の「奇跡の対面」として、日本各地からだけでなく、世界中から大勢の人々が集まったことなど、分かりやすく纏められております。


【秋田でマリア像“奇跡の対面” 聖体奉仕会で「ファティマの聖母」公開】
http://www.sankei.com/region/news/170915/rgn1709150037-n1.html

こういったことが、一般の方々が、キリスト教そしてカトリックを理解する一助となると良いですね。

聖母マリアさまの愛と優しさが、すべての子供たちに届きますように。

写真は「司教の日記」(新潟教区長、菊地功司教様のブログ)より転載させていただきました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。








2017年09月16日

「秋田の聖母の日2017」の様子(司教の日記より)


秋田でファチマの聖母2.jpg


「秋田の聖母の日」の詳しい様子が、早速「司教の日記」(新潟教区長、菊地功司教様のブログ)に、UPされています。

写真もいろいろ載っていますので、是非、下のリンクをクリックして、記事をご覧になることをお勧めします。
本記事の方では、写真をクリックすると、画面いっぱいに拡大されますので、美しいファチマの聖母のご像もよく見えます。
http://bishopkikuchi.cocolog-nifty.com/diary/2017/09/post-aa33.html


当日は、教皇庁大使館を代表して、オビジエンスキー代理大使が参列してくださいました。
14日のミサでは、ファティマの出来事の歴史と現代的意味を、お説教で説明して下さったそうです。

そして、ファチマの聖母出現100周年を記念して公式に制作されたファティマの聖母像のレプリカも、秋田の聖堂を訪れて下さいました。
前記事にも書きましたが、なんだか、ファチマから秋田へのバトンタッチのようで、秋田の聖母の「時」が来そうな気がします。

。。。。。

今年は、両日とも、500人を超す盛会だったようで、嬉しいことです。

「参加者が多く、一度に全員が聖堂に入りきれないため、グループを分けて、聖堂内のロザリオとお庭の十字架の道行きを同時に初めて、交互にグループ入れ替えとなりました。」とのことで、行事進行も、主催者側の上手な対応がなされたようです。

これほど多くの子供達が、聖母マリアを慕って集い、ともに祈るのは、なんと素晴らしいことでしょう。
感謝、感謝ですね。

聖母様がたくさんの御恵みを、日本の子供達、そして世界の子供達のために、お取り次ぎ下さいますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。






2017年09月15日

「秋田の聖母の日2017」たくさんの祝福がありますように。


photo.JPG2013年の「聖母マリアとともに過ごす祈りの夜」の記念のスカーフ。衛星中継で結ばれた10箇所の聖母巡礼地がわかりやすい。ルルド、ローマ、バヌーなどとともに、一番右端に日本の秋田。

。。。。。。。。。。。。。。


秋田の聖母の日2017も終了した頃ですね。
「湯沢台だより」、「司教の日記」などでの報告記事をとても楽しみにしております。

巡礼にいらした皆さん、お疲れ様でした。
ミサ、聖体降福式、十字架の道行き、ロザリオと、昨年とほぼ同じ日程だったのでしょうか。
http://www.seitaihoshikai.com/images/marian_day.jpg

教区長であられる菊地司教様、教皇庁大使館のパウェル・オビエジンスキー参事官はじめ、来賓の聖職者の方々、本当にありがとうございました。

事前に「秋田に参ります!今こそ祈らなければ」とメールをくださった読者の方もいて嬉しく思いました。
2013年の秋田の聖母の日に、ガンを癒されたフランシスコ・パウロさんも、お元気で参加なされたようです。
http://akitadiary.seesaa.net/article/380397276.html?1505454035

これからも、聖母を慕う子供たちである良き方々と、いつも心を合わせてお祈りさせていただきたいと思います。

。。。。。


 今年は、特別な新しいファチマの聖母像が、この機会に秋田を訪れて下さったということで、特に意味深いものとなりました。

「イエズスの聖心」の啓示から100年を経ても、主のお望み(聖心を国旗の中央に置くこと)が国王よって果たされなかった時にフランス革命が起こったと言われています。

 ファチマの聖母マリアのお望み「教皇様とすべての司教が一致してのロシアの奉献」は、まだ果たされてはおりません。

 ファチマの聖母出現100周年にあたり、憐れみの100年が終わってしまうのではないか、という気がいたします。

 これからは、苦難の時が始まるかもしれません。

 聖母マリアに寄りすがる人々には御助けが約束されていますから、心配することはありません。いつ主の御前に呼ばれても準備ができているようにしたいと思います。


 この度、巡礼なさった多くの方々に、そして心を合わせてお祈りなさったもっと多くの方々にも、たくさんの祝福がありますように、心からお祈りしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。







2017年09月13日

秋田の聖母への信心は、教会権威から、認められ、薦められている信心です

 
 明日から「秋田の聖母の日2017」が始まりますね。
 教皇様から贈られた真珠のロザリオなども、無理のない範囲でも良いので、こういった特別な祝日などには公開していただけたら、と思いますがいかがでしょう。

 教皇代理としてモンセニョールがいらしたことなど、秋田の聖母のご出現が、教会権威から認められていった経緯がよくわかる記事を再掲いたします。

 。。。。。。。。。


(再掲記事ココから)

【バチカンから、国務長官副秘書の御訪問があったということ】

一般には、ほとんど知られていないのですが、1997年7月2日〜3日に、バチカンから、国務長官副秘書のモンセニョール・ジョヴァンニ・デルコーレが、秋田湯沢台の聖体奉仕会をご訪問になり、ラテン語でごミサを立てられ、涙を流された聖母像に、教皇様からの贈り物であるロザリオを捧げられました。

 モンセニョール・ジョヴァンニ・デルコーレさまは、ヨハネパウロ2世教皇様の命を受けた代理としていらしたので、教皇様=バチカンが、伊藤司教様の教区長としての「秋田の聖母への信心認可」を承認している印と受けとめられるでしょう。

 当時の準会員の会報から、引用します。

(すでに一般に公開された写真ですので、そのまま転載しました。
写真に写られている方で、非公開を望まれる方は、右上のメールアドレスにてご連絡くださいませ。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



聖マリアの家へようこそ!

[7月2日〜3日、バチカンより、国務長官副秘書のモンセニョール・ジョヴァンニ・デルコーレがご訪問、ごミサをたてられ、又、マリア様の前で敬虔なお祈りを捧げられました。]

写真1 ラテン語のミサ中、「ご聖体の信仰がなければ、本当に主のみ旨にお応えすることができません。聖心を通してすべての人に会うことができます。」と語られるデルコーレ師。左はイタリア語通訳の田川ブラザー。

mom4.jpg



写真2 御ミサのすぐあとで、教皇様からの贈り物のロザリオがマリア様の御像に捧げられました。

mom2.jpg


写真3 ロザリオを奉献されたのち、心を合わせて祈るデルコーレ師と地元の準会員たち。

mom3.jpg


写真4 ロザリオ行列の締めくくりに聖母像を仰いで「アヴェ・マリア」を歌う。(マリア庭園にて)

mom1.jpg


[「日本語はできませんが、みなさんと “心” で分かり合うことができます。」とニッコリされたデルコーレ師。お祈りの合間の茶室での純日本風おもてなしにもご満悦、集まった方々との質疑応答では パパ様のご近況なども お話し下さり、秋田での交流の輪を広げられました。]


準会員連絡誌「湯沢台の聖母」298号  
1997年(平成9年)8月1日発行 より引用
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このような事実によって、

また、

前教区長 佐藤司教様の「教会の権威が許可した崇敬であることを強調したいと思います。」という お言葉によって、
http://akitadiary.seesaa.net/article/243880101.html?1326768703

また、

現教区長 菊地司教様の 「ここ(秋田湯沢台のマリア庭園)は お祈りの場、心をいやす場として、新潟教区の中にあって とても大切な場所だ と感じました。 たくさんの方々に ここをすすめたい と思います。」というお言葉によって、
http://akitadiary.seesaa.net/article/207446197.html?1326767869


そして、もちろん伊藤司教様の認可によって、
http://akitadiary.seesaa.net/article/128410277.html?1333876455


秋田の聖母への信心は、教会権威から、認められ、薦められている信心だということを、再度、確認したいと思います。


皆様の心に、聖母様の愛が届きますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへカトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。



2017年09月02日

ルルド、ファチマ、秋田の聖母出現が重要であること


 どんな御出現でも、奇跡などの現象そのものよりも、何のために天主様はその恵みを送られたのか、という「ミッション」つまり「目的」が、一番大事です。

 安田神父様は、天主様から来る真正の奇跡について、

「(b)それが神にふさわしい何らかの合目的なものでなければならない。
 人間のこの世的な虚栄や好奇心をはぐくむようなものであってはならない。

 c)そのような不思議なわざが、究極において神ご自身の栄光に結びつき、関連していなければならない。
 それはこの世的な人間の商取引きのようなものに結びつくものであってはならない。 。。。」

と、述べられています。
 *(「奇跡と涙」緑地社120ページより引用)


 安田神父様は、「いろいろな聖母出現の中でも、ルルド、ファチマ、秋田は特に重要なものである」と、おっしゃっていました。

 なぜなら、改心を促す、とか、未来を予言する、という目的だけでなく、カトリック教会の教義を表象するという深い意義のあるものだから、ということです。


 安田神父さまの本から、その説明を少し引用してみます。

。。。。。。。。
(引用ココから)


 ルルドの聖母出現は、教皇ピオ9世による ”聖マリアの無原罪のおん孕り(やどり)”のドグマの宣言の真正性を確認するためのものだったといわれる。

 童貞マリアは原罪の汚れなく、聖霊によって救い主の母となった、との信仰箇条が 1854年12月8日に公に認められた その四年後、ルルドにおいて 聖母は16回目のご出現の時「わたしは汚れなき孕りです」と、みずからこの教義の真正性を確認するごとく、ベルナデッタに告げられたのであった。



 ファチマのご出現は、”聖母の被昇天”の真理を確認するものといわれる。
 教皇ピオ12世は、1950年の聖年の11月1日に、”聖母被昇天の教義”を宣言された。ピオ12世は ファチマの”太陽の奇跡”を個人的に バチカンの庭で見る恩恵を受けたことを、側近に洩らされたことから、その聖母崇敬と”被昇天”のドグマの宣言も そのことに関連あるように取り沙汰されている。


 秋田の聖母像の涙の奇跡は、天使の口から、聖書の権威に拠って説明された。
 創世記(*3章15節)の聖句は、世の終わりに至るまでの聖母とサタンの戦いを啓示する。これは聖母ひとりの戦いではなく、全キリスト信者とともに、キリストの神秘体と、一致しての対決である。とすれば、”涙の聖母”が”メッセージ”の中で、罪の償いと改心を呼びかけられるのも当然なこととうなずけるのである。



ルルドでは、聖母の無原罪のお孕りが確認された。
ファチマでは、聖母の被昇天が確認された。
前者は聖母のご生涯のはじまり、後者はその終わりを輝かしく示すものである。

秋田において聖母は、両者の中間をみたす御生涯を通じての使命に、われわれの注意を惹き、心からの協力をうながされるごとくである。
(聖母マリア像の涙/安田貞治著 エンデルレ書店発行 340〜341より引用)

。。。。。。


「私は、おまえと女との間に、おまえのすえと女のすえとの間に、敵対をおく。
女のすえは、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、女のかかとを噛むであろう。」

(創世記3章15節)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。

タグクラウド