2017年08月24日

無原罪の聖母の騎士会、創立100周年


MI100周年.jpg
http://militia-immaculatae.asia/english/info690.php



8月20日、SSPX主催のファチマ大巡礼の終了後、すぐに続けて、聖伝の「無原罪聖母の騎士会」会員の奉献の更新式がありました。



巡礼終了5.jpg
無原罪の聖母の騎士会の旗も見えます



巡礼終了7.jpg
多くの会員たちも巡礼に参加した




全世界の会員たちも、できるだけ同じ時に奉献の更新をするように招かれていました。

うちの教会では、8月20日の主日の各ミサの後、会員の奉献更新とベネディクションが行われました。
それに参加できない遠方の会員たちは、それぞれ個人で奉献の祈りを唱えました。

この奉献更新の招きは、アジア管区の上記のリンクのサイトにしか載っていないので、もしも見落としていた方があったなら、今からでも その意向で「奉献の祈り」を唱えることをお勧めします。



シュターリン神父様のご指導の手紙を読んで、1917年に、ファチマで聖母マリア様のご出現があったことも、聖マキシミリアノ・コルベ神父様が「無原罪の聖母の騎士会」を創立されたのも、偶然ではなく、全く天の御摂理によるものだったのだな、と思いました。

聖母がこの小さな会をいつも守ってくださいますように。

。。。。。。。。。


無原罪聖母の騎士会、指導司祭のシュターリン神父様の手紙より

 1917年に巨大な反キリスト教の軍隊(ローマのフリーメーソン、モスクワの共産主義)がこの世に現れたとき、聖母はファチマ(*のご出現)とMI(*無原罪の聖母の騎士会)の創立によってそれに応えられました。

  2017年に反キリスト教の軍隊が、自分たちが全世界を支配する勝利の象徴として100周年を祝うとき、聖母が再び小さな軍隊、「最後の時代の聖母の使徒たち」(聖グリニョン・ド・モンフォール)、聖母の汚れなき御心に奉献された子どもたち(ファチマ)、聖母の忠実な騎士たち(聖マキシミリアノ・コルベ)によって再びお応えになる、と皆さんはお考えになりませんか?


(*は、意味がわかりやすいように管理人が追加した言葉)


全文はこちら
https://www.militia-immaculatae.asia/japanese/info23.php


聖伝の無原罪の聖母の騎士会についての拙記事はコチラ
http://akitadiary.seesaa.net/article/440619672.html?1503501595



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。






posted by テレジア at 00:58| Comment(0) | 聖ピオ十世会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド