2017年08月22日

ファチマ大巡礼続報とロシアの奉献がなされたこと


 ファチマ巡礼の続報を試訳にてお届けします。
詳しくは後日、聖ピオ十世会の司祭のブログで公開されることと思いますが、ご本人も巡礼中でいらっしゃるので、早く知りたい方のために、とりあえずUPします。

 最後の方の写真、本当に多勢のシスター方が、跪いて祈る姿は壮観で美しいですね。39度近い酷暑の中で、重い修道服とベールでどんなに暑かったことか。

 ロシアの奉献がなされたのは素晴らしいことと思いました。
世界各地で多くの司教様方が、このような奉献をなさってほしいものだと思います。
 それが、この危機的状況の世界に平和をもたらすことになると思います。


.....................


【ファチマ巡礼ミサでのフェレー司教様の説教】
http://fsspx.news/en/news-events/news/bishop-fellay’s-sermon-fatima-august-20-2017-31622


ファチマ巡礼ミサ.jpg


 8月20日、日曜のミサ(聖母の汚れなき御心のミサ)の説教において、ベルナルド・フェレー司教は、ファチマの巡礼団に向かって、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、そしてスペイン語で、語りかけた。


(詳しいお説教の内容は、英語なら上のリンクから、日本語は後日、小野田神父様のブログからどうぞ。)
http://blog.goo.ne.jp/thomasonoda

。。。。。。。。。。。



【ファチマ大巡礼、無事終了】
http://fsspx.news/en/news-events/news/fatima-magnificent-pilgrimage-draws-close-31627

巡礼終了2.jpg


巡礼終了1.jpg


巡礼終了3.jpg


巡礼終了4.jpg


巡礼終了6.jpg


 (終了予定時間の)午後3時に向けて、オリーブの木陰にある Os Valinhosにて、気温は39度近くになる中、巡礼団は最後のロザリオを唱えた。
 この祈りをもってファチマ聖母出現1世紀を記念する大巡礼は終了した。

 100年前のほぼ同じ日(1917年8月19日)に、この地に出現された聖母マリアの御像を取り囲んで、世界のいたるところから集まった信仰者たちは、栄えの玄義を黙想しつつ、司祭の先唱で、ポルトガル語とフランス語でロザリオを唱えた。
(中略)

 第二玄義の黙想中に、司祭は、聖ピオ十世教皇の聖なるロザリオに関する言葉を引用した。

 「ロザリオは、すべての祈りの中で、最も美しく最も恵み豊かな祈りです。そして天主の御母の御心を最も感動させる祈りなのです。
 もし、あなた方の家庭に平和が満たされていることを望むならば、家族でロザリオを唱えてください。
 ロザリオを唱える霊的軍隊があるならば、世界を治めることもできるでしょう。」

(後略)

。。。。。。。。


【聖母の汚れなき御心にロシアを奉献】
http://fsspx.news/en/news-events/news/act-consecration-russia-immaculate-heart-mary-31607

 世界中から一万人以上の信徒(*300名以上の聖職者、修道者を含む)が参加した国際大巡礼中の 8月20日に、聖ピオ十世会の総長フェレー司教は、同会補佐司教のティシエ・ド・マルレ司教、ガラレタ司教、とともに、この奉献文を唱えた。



ロシアの奉献.jpg


Prostrate at the foot of your throne of grace, O Queen of the Holy Rosary, we intend to accomplish, insofar as we are able, the requests you expressed when you came one hundred years ago to appear to us on this earth.

The abominable sins of the world, the persecutions directed against the Church of Jesus Christ, and even more, the apostasy of nations and Christian souls, and the forgetfulness of so many of your motherhood of grace crush your Sorrowful and Immaculate Heart, so united in its compassion with the sufferings of the Sacred Heart of your divine Son.

In order to repair so many crimes, You have asked for the establishment of the devotion of reparation to your Immaculate Heart; and in order to stop the scourges of God you predicted, you became the messenger of the Most High to ask the Vicar of Jesus Christ, together with all the bishops of the world, to consecrate Russia to your Immaculate Heart. Alas, they have not yet heeded your message.

Therefore, in anticipation of the happy Day when the Sovereign Pontiff finally accedes to the demands of your divine Son, without attributing to ourselves an authority that is not ours, but with a humble supplication to your Immaculate Heart, as a Catholic bishop full of concern for the fate of the universal Church, and in union with all the bishops, priests, and faithful believers, we have resolved to respond to the best of our ability to Heaven’s requests.

Deign, therefore, O Mother of God, to accept the solemn act of reparation that We present to your Immaculate Heart for all the offenses with which, along with the Sacred Heart of Jesus, it is afflicted by sinners and by ungodly men.

Secondly, as far as it is in our power, we give, deliver, and consecrate Russia to your Immaculate Heart: we beg you, in your motherly mercy, to take this nation under your powerful protection, make it your domain in which you may reign as Sovereign, make this land of persecution a land of choice and blessing.

We conjure you to submit this nation to yourself so completely that, converted from her legal godlessness, she may become a new kingdom for Our Lord Jesus Christ, a new legacy for His sweet scepter. And that converted from her ancient schism, she may return to the unity of the one fold of the Eternal Shepherd, and thus subject to the Vicar of your divine Son, she may become an ardent apostle of the Social Kingship of Our Lord Jesus Christ over all the nations of the earth.

We also beseech thee, O Mother of Mercy, by this most splendid miracle of your suppliant omnipotence, to manifest to the world the truth of your universal mediation of grace.

And lastly, deign, O Queen of Peace, to bring to the world the peace that the world cannot give, peace of weapons and peace of souls, the peace of Christ in the Kingdom of Christ and the Kingdom of Christ through the reign of your Immaculate Heart, O Mary. Amen.



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。






posted by テレジア at 13:10| Comment(0) | 聖ピオ十世会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド