2017年08月21日

SSPX ファチマ大巡礼速報

ファチマの聖母マリア.jpg



聖ピオ十世会主催のファチマ大巡礼が、この8月19、20日の2日間にかけて催されました。
約一万人くらいが参加した模様、日本からも小野田神父様をはじめ、かなりの参加者があったようです。

速報がたくさん出ていますので、一部 試訳して写真とともにお届けしたいと思います。

。。。。。。。。。。。


【最初の巡礼団がご出現地に到着】
http://fsspx.news/en/news-events/news/fatima-arrival-pilgrims-31584


ファチマ巡礼8.jpg



ファチマ巡礼7.jpg



【全世界から巡礼者が集結】

 聖母のご出現100周年を記念し、8月19日〜20日に催されたSSPX主催の巡礼に参加するために、約1万人の信徒がファチマを訪れた。
 巡礼開始の荘厳ミサは、SSPXドイツ神学校のシュミッツバーガー神父(*前総長)によって捧げられた。アジア管区長のシュターリン神父とスイスの管区長シュレイバー神父が助祭、副助祭の役を勤めた。
 総長フェレー司教を始め、ティシエ・ド・マルレ司教、ガラレタ司教、そして約275名の司祭と神学生も参加していた。
(中略)
 ミサの説教の中で、シュミットバーガー神父は、今日の混乱の中での教会の勝利と聖母の汚れなき御心の凱旋のために、すべての巡礼者がその苦しみを捧げるよう、ファチマの聖母のメッセージによっていかに実際に招かれているかを、思い起こさせた。


ファチマ巡礼4.jpg



ファチマ巡礼2.jpg



ファチマ巡礼1.jpg



ファチマ巡礼5.jpg




詳細と原文はコチラ
http://fsspx.news/en/news-events/news/fatima-crowd-pilgrims-all-parts-world-31593




【ファチマにて、ロザリオと聖体礼拝】

 (19日の)ミサの後、巡礼者たちは行列をして、聖母が1917年8月に子供たちに出現された場所に行った。そして Os Valinhosで、ロザリオを唱えた。
 いろいろな国々からやってきた巡礼者たちは、皆一緒に長い行列をし、聖母を讃美してオリーブの木の下で聖歌を歌った。
 夕食後は、多くの人々が、顕示された聖体の前で夜のひと時を過ごした。

(後略)

ファチマ行列1.jpg



ファチマ行列8.jpg



ファチマ行列3.jpg



ファチマ行列2.jpg



ファチマ行列7.jpg



ファチマ行列6.jpg



ファチマ行列5.jpg


詳細と原文はこちら
http://fsspx.news/en/news-events/news/fatima-rosary-and-adoration-31605



【8月20日 フェレー司教による荘厳ミサ】

照りつける太陽のもと、気温32度の中、聖ピオ十世会総長ベルナルド・フェレー司教によって荘厳ミサが捧げられた。フルーガー神父とネリー神父が補佐をした。
(*その他、4名ほどの司祭方が、助祭・副助祭などを務めたそうです。)
(後略)


ファチマ巡礼3.jpg


ファチマ巡礼6.jpg


詳細と原文はこちら
http://fsspx.news/en/news-events/news/fatima-pontifical-mass-august-20-31606



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。



posted by テレジア at 02:12| Comment(0) | 聖ピオ十世会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド