2017年01月02日

+2017年、あけましておめでとうございます。


+2017年、あけましておめでとうございます。

元日は、カトリックの聖伝の典礼暦では、御降誕から8日目なので「主の御割礼」の祝日です。


主の割礼.jpg


本日の聖福音
ルカによる福音の続誦(2ノ21)

そのとき、幼児に割礼をほどこすべき八日が満ちたので、まだ胎内に宿らない前に天使が言ったとおり、その名をイエズスと名づけた。

。。。。。。。。。。。。。。

(ミサ典書より引用ココから)


一月一日
主の御割礼の祝日と御降誕の大祝日の八日目(ニ級大祝日 白)

 新しい年の初めの本日は、守るべき祝日ではないけれども、(今年は日曜日なので主日の義務としてミサに与る日〜*管理人注)典礼にあずかって本日を聖とすることがのぞましい。
 
 われらには、過ぎ去った1年の為に神に感謝し、来るべき1年の為に恩寵を願う必要がある。

 新年を迎えてよろこぼう。今年も、主の年である。

 あるいは、今年 誰かは、キリストを見奉るために、永遠の国に行かねばならないかもしれないことを忘れてはならぬ、本日、おめでとうを、信者同士の愛徳の表れとして、心から語り合い、その言葉を実践しよう。

「毎日のミサ典書」ドンボスコ社発行(1969年第13版)より引用

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



今年は、ファチマの聖母の御出現から100周年にあたります。

聖母のお望みが果たされないまま100年を迎える今年は、フランス王の後悔を例に、天罰を心配する声もあります。

御母マリアに寄りすがり祈ると同時に、平常心で日々の務めを果たしたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。






posted by テレジア at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド