2017年09月07日

私が「聖ピオ十世会」の教会に行く理由


piusX.jpg
教義/信仰の純粋保持に尽くされた聖ピオ十世教皇様



今週の日曜日9月3日は、聖ピオ十世教皇様の祝日でした。

ちょうど、オーストラリアでは、父の日にも当たっていたので、家族で主日のミサに与り、イタリアンランチに行きました。

私たちは、聖ピオ十世会の聖堂のトリエントミサに行っています。
美しいミサです。
ミサの前に、家族 皆、告解をして聖体拝領いたしました。

純粋なカトリック信仰をブレなく保っている唯一の教会グループだと思います。
平和です。幸いです。感謝しております。
子供達が成人しても、教会にとどまり、告解をし、日曜のミサに与れることは御恵みの印だと思います。


改革後のノブスオルドに行っている間は、辛かったです。
1968年頃、私が小学校四年生くらいの時に、教会の中で改革が起こり始めました。
ミサは変わりました。とても短くなりました。
慣れ親しんできた歌いやすい美しい聖歌は歌われなくなりました。
それまでは、聖体拝領は拝領台に跪いて受けていたのに、できなくなりました。
跪けば、司祭から叱られるようになりました。
シスター方が率先して立って手で聖体拝領して指導して、従わない人は変な人のように言われました。
聖櫃が神にふさわしい聖堂中央から端の方に寄せられました。
十字架像は取り払われました。
ロザリオは個人の信心だから自宅でするように、と言われて、教会内ではしないことになりました。
ベールは被らない、教会内では絶対に跪かない、という風になりました。
告解がしたくても、神父様から個人告解は必要ない、と言われるようになりました。
いつも静寂だった聖堂内は、皆が談笑したり子供がおやつを食べたりして、ざわざわする場所になりました。


外国に引っ越しましたが、普通のカトリック教会は日本よりももっとすごかった。
上のようなことに加えて、聖歌は強いリズムの世俗風で、毎週日曜はバンド伴奏で歌っていました。聖歌隊の人は、マイク片手に歌いながら、もう一方の手でご聖体を受け取っていました。
特別な祝日には、ミサの祭壇の周りで青年たちのダンスがありました。
大晦日には、聖堂内でカウントダウンがあり、皆で拍手喝采していました。
ミサの説教はその日の福音からの話ではなく、世俗的なジョークが話されていました。
私は専心して祈れなくなっていきました。
内省したいと思い黙想会に行けば、司祭の代わりに異語を話すという女性が自分語りをしていました。
もう、どうして良いやら分かりませんでした。


でも、ノブスオルドが極端な反面、外国には、カトリック教会の美しい伝統を守るグループの聖堂もありました。
最初は半信半疑で行きました。皆様と同じように、彼らがカルトであるとか、異端とか、聞かされていたからです。
それでも行き始めることができたのは、主人が強い意向を持ってくれたおかげです。

。。。。。。。

行ってみたら、そこには以前と同じ美しい教会がありました。
静寂が守られていました。
聖体拝領台も、座席の跪き台も、そのままでした。
皆ベールをかぶり、跪いて、主を礼拝していました。

子供の頃によく歌った懐かしいラテン語の聖歌が歌われていました。
天使ミサもそのままでした。
普通のカトリック聖歌も英語で同じメロディーの歌が歌われていました。
聖体降福式で、ご聖体に在すイエズス様を礼拝することができるのは、本当にありがたいことでした。

素晴らしい神父様がいらっしゃいました。
いつもスータンを着ておられました。
ミサの前には告解を聞いて下さいました。
聖なる、霊的糧となる、お説教をして下さいました。
信徒皆のために、いつも優しく気遣ってくださる方でした。
「司祭はもう一人のキリスト」という言葉を思い出させるような聖なる雰囲気のある方でした。

カルト、などという言葉がどこから出てくるのか私にはわかりません。
カトリック教会を根底から変えてしまいたい人々の悪意ではないかと思うほどです。


今はこの教会に行けて、とても幸いです。
現教皇様が、聖ピオ十世会にご理解を示してくださっていて良かったと思います。対話が続いているかぎり、希望があります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。








タグクラウド