2017年09月02日

ルルド、ファチマ、秋田の聖母出現が重要であること


 どんな御出現でも、奇跡などの現象そのものよりも、何のために天主様はその恵みを送られたのか、という「ミッション」つまり「目的」が、一番大事です。

 安田神父様は、天主様から来る真正の奇跡について、

「(b)それが神にふさわしい何らかの合目的なものでなければならない。
 人間のこの世的な虚栄や好奇心をはぐくむようなものであってはならない。

 c)そのような不思議なわざが、究極において神ご自身の栄光に結びつき、関連していなければならない。
 それはこの世的な人間の商取引きのようなものに結びつくものであってはならない。 。。。」

と、述べられています。
 *(「奇跡と涙」緑地社120ページより引用)


 安田神父様は、「いろいろな聖母出現の中でも、ルルド、ファチマ、秋田は特に重要なものである」と、おっしゃっていました。

 なぜなら、改心を促す、とか、未来を予言する、という目的だけでなく、カトリック教会の教義を表象するという深い意義のあるものだから、ということです。


 安田神父さまの本から、その説明を少し引用してみます。

。。。。。。。。
(引用ココから)


 ルルドの聖母出現は、教皇ピオ9世による ”聖マリアの無原罪のおん孕り(やどり)”のドグマの宣言の真正性を確認するためのものだったといわれる。

 童貞マリアは原罪の汚れなく、聖霊によって救い主の母となった、との信仰箇条が 1854年12月8日に公に認められた その四年後、ルルドにおいて 聖母は16回目のご出現の時「わたしは汚れなき孕りです」と、みずからこの教義の真正性を確認するごとく、ベルナデッタに告げられたのであった。



 ファチマのご出現は、”聖母の被昇天”の真理を確認するものといわれる。
 教皇ピオ12世は、1950年の聖年の11月1日に、”聖母被昇天の教義”を宣言された。ピオ12世は ファチマの”太陽の奇跡”を個人的に バチカンの庭で見る恩恵を受けたことを、側近に洩らされたことから、その聖母崇敬と”被昇天”のドグマの宣言も そのことに関連あるように取り沙汰されている。


 秋田の聖母像の涙の奇跡は、天使の口から、聖書の権威に拠って説明された。
 創世記(*3章15節)の聖句は、世の終わりに至るまでの聖母とサタンの戦いを啓示する。これは聖母ひとりの戦いではなく、全キリスト信者とともに、キリストの神秘体と、一致しての対決である。とすれば、”涙の聖母”が”メッセージ”の中で、罪の償いと改心を呼びかけられるのも当然なこととうなずけるのである。



ルルドでは、聖母の無原罪のお孕りが確認された。
ファチマでは、聖母の被昇天が確認された。
前者は聖母のご生涯のはじまり、後者はその終わりを輝かしく示すものである。

秋田において聖母は、両者の中間をみたす御生涯を通じての使命に、われわれの注意を惹き、心からの協力をうながされるごとくである。
(聖母マリア像の涙/安田貞治著 エンデルレ書店発行 340〜341より引用)

。。。。。。


「私は、おまえと女との間に、おまえのすえと女のすえとの間に、敵対をおく。
女のすえは、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、女のかかとを噛むであろう。」

(創世記3章15節)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。

タグクラウド