2017年08月18日

幸いは神の御旨を行うことにある


受胎告知.jpg


 天使が訪れた受胎告知の時、

「私は主の婢女です。御言葉の通り私に成りますように。」(ルカ1.38)
と、処女(おとめ)マリアはお答えになりました。

この答えは、「私は、全身全霊をお捧げして、御言葉の成就のためにお仕えいたします」と、同義でしょう。

「私は主の婢女です」とは、
「私の霊魂は、主のお望みを果たすために捧げられています」ということです。

「お言葉の通り私に成りますように」とは、
「私の心も身体も、主への奉仕のために捧げられています」ということです。

この処女マリアの答えと、後に主イエズスの仰せになった、

「むしろ幸いなこと、神の御言葉を聞いてそれを行う人は」(ルカ11.28)とは、完全に呼応しているのです。


御母マリアの幸いは、ただ生物的に子を産んだことよりも、御言葉の成就のために生涯のすべての瞬間を捧げきったことにあると思います。

母として、御子イエズスキリストに親しく接し、日々霊的に学び、絶えざる内的礼拝の内に、御子の救い主としての使命に常に協力し、そのすべての苦労に参加していた間、心に聞いた神の御言葉を完全に行ったことにあると思います。


私たちも、御母マリアのように、主のみ旨を求め、御言葉を聞いて行うものとなれますように。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。





タグクラウド