2014年08月30日

安田神父様への手紙(続き)

 前回の続きです。


 前回の冒頭でおことわりしたとおり、「神父様を追い出す。。。」という、やや誤解を招く表現が出てきます。

 安田神父様は、伊藤司教様によって聖体奉仕会の霊的指導者に任命されていました。当時、聖体奉仕会で、姉妹方 及び 準会員、そして国内国外からの多くの巡礼者の霊的指導に努めておられ、そればかりでなく、聖マリアの家(準会員宿泊施設)や 新聖堂建設の計画、準備、施行と、大いに働いておられました。

 その神父様が、ある日突然、全くの閑職へと遠方の地へ送られてしまいました。

 このことは、当時、安田神父様は追い出されてしまったように、多くの人には思われましたし、また実際に、ある意味でそうだったのだろうか、と思います。

 この件で、圧力をかけたと噂された日本司教団も、もしそれが本当なら、善意の慎重論によって、教会指導者として為すべきことを為されたのだろうか、とも思います。



。。。。。。。。。。。。。。。。。
(手紙の続き)

 ところで、もうひとつ気が付いた事があります。
 新しい本に付け足されていた、伊藤司教様へのメッセージについて、です。

「・・・・・あなた方の願いが聞き入れられ、あなた方を導く司祭の与えられたことを伝えたのに、なぜ喜びをもって、早くみなさんに伝えないのか。
 この会は、あなたの長上だけのものではありません。あなた方を導いて下さろうとしている司祭は、すべてを投げうって、あなたの長上に従い、この会に捧げようとしておられます。それなのに、この与えられた司祭に、あなた方の導きのすべてを頼み、まかせようとねがわないのか。・・・・・・」

 このメッセージは、「安田神父様を、聖体奉仕会の共同創立者と任命してほしい。そして、会の霊性を確立してほしい。」という程の意味があったと悟りました。

 客員として、一時的に来ている指導司祭では、どうしても限界があります。 また、時々入れ替わっても、仕方のないことです。
 でも、聖母様は、安田神父様に、ずっと秋田の聖体奉仕会にいて、会を守り導いてほしかったのだろうと思います。神父様が追い出されたあとは、マリア様が願われた 「内なる一致」も 保てなくなってしまいました。そして、今となっては、まさに天使の言われたとうり、恵みが無くなってしまいました。
 もし、神父様が、会の共同創立者ということであったなら、そう簡単に追い出すことなど できなかっただろうと思われます。また、一部のマリア運動の司祭方が願われた時に、聖体奉仕会、第一会(司祭の会)さえも、創立され得たかもしれない、という気がいたします。

 ラッツィンガー枢機卿様は、「御出現と会の認可は別のこと」と仰ったそうですが、「御出現があったから会を認可する」というものではないことは当然です。全く別の次元の話なのです。が、枢機卿様の意向を誤解して「会は御出現とは関わりが無い」とするのも、愚かな事だと思います。

 例えば、跣足カルメル会でも、アヴィラの大聖テレジアや、十字架の聖ヨハネなどによって、霊性が確立されましたが、これらの大聖人の神秘的、霊的体験は、すべて私的啓示であり、それをもとに書かれた多くの偉大な著書は、カルメル霊性の表れの根源ともいうべきものではないでしょうか。

 「完徳の道」や「霊魂の城」ヌキのカルメル会など、考えられません。

 これらの、すべての私的啓示は、カルメル会に与えられた偉大なお恵みなのだと思います。・・・・というか、もっと広く、カルメル会に管理をまかされた、カトリック教会全体の、すばらしい霊的財産なのだと思います。カルメルの霊性は、カトリックの神秘神学を代表するようなものでありますから。


 聖体奉仕会も同じだと思います。

 秋田での一連の出来事、私的啓示は、会に与えられた尊いお恵みなのだと思います。そして、会の霊性を確立するために、その霊性を「形」にするために、聖母様は、神父様を必要とされたのだと思います。

 聖母の御涙によって表された「共贖者なる聖母マリア」の尊い意義ヌキの聖体奉仕会など考えられません。

 また、神父様の、すばらしい真のカトリック信仰、そして御聖体に対する愛と信心は、聖体奉仕会の霊性の基盤とされるべきものだと思うのです。霊性とは、見えない、つかみどころの無いものでありますが、書かれることによって、具現化することができます。

 安田神父様の多くの尊い御本、「聖母マリア像の涙」「奇跡と涙」「十字架の神秘」「聖母マリアと被昇天」などなどは、すべての会員と準会員に、また多くの信徒の方々に読まれるべきだと思うのです。


 聖体奉仕会、会員、準会員は、会に与えられた、この特別なお恵みを、感謝して、よく黙想し、「共贖者なる聖母マリア」、この偉大な真理の教義としての教会の公認と、人々の理解のために、特に祈らなければならないと思うのです。そして、そのことによって、母なるカトリック教会に貢献することができるのだろうと思います。

 この奇跡の一連の出来事、私的啓示は、聖体奉仕会をとうして与えられ、聖体奉仕会に管理をまかされた、教会全体のための財産なのです。


 こう考えて来ますと、聖体奉仕会 第一会(司祭の会)の創立が、本来 天主様の御旨であったのではないか、と思われてきまます。

 私的啓示にも、いろいろなレベルがありますが、個人的なものではなく、公の使命を持つような場合、特に これほど偉大な真理「共贖者なる聖母マリア」を 全人類に示すために 与えられた場合であれば、正しい神学の知識があり、理論的に物事を考える事のできる聖職者による管理と指導が どうしても必要だと 思えるからです。
 そして、ただ一人のその時点での指導司祭だけではなく、それを引き継いで、さらに理解を深め、また人々にも理解させるべく努める 聖職者のグループが 全世界のために 必要だろうと思われるからです。


 それにしても、天使の言われた「恵みと導きがなくなる」とは、恐ろしい残念なことです。私は、伊藤司教様創立の、現在の形の聖体奉仕会は無くなるのではないか、と考えています。聖体奉仕会は、新しい形で復興するだろうと思っております。

 ちょうどアヴィラの大聖テレジアが、原始規則に立ち戻った跣足カルメル会を起こしたように。当時はいろいろな反対もあり、跣足と跣足でない(なまぬるい緩和規則の)カルメル会と両方ありましたが、今ではカルメルといえば、跣足カルメル会のことであります。

 それと同じように、あるべき姿に立ち戻った神様とマリア様の聖心にかなう聖体奉仕会が、正しいカトリック信仰の元で創立されるだろうと考えております。そして安田神父様が天主様のお恵みによって理解し、書き表された「聖体奉仕会の霊性」を守り、深めていくために、多くの司祭方が後継者として与えられますように、願っております。


 また、いろいろと長く書いてしまいました。。。。

 ブログのこと、神父様の御意向をお知らせ下されば幸いです。

 ブログというのは、訂正、追加、削除など、とても簡単にできます。どなたかに、時々プリントしていただいて、神父様がお読みになられて、良くないと思われるところは、いつでも変更可能です。

 少しずつ始めておりますので、問題があると思われたら、どうぞお知らせ下さいませ。


00様、00様にも、どうぞよろしく。
0000の家の皆様のために、心からお祈り申しております。

私たちのためにも、どうぞお祈り下さいませ。
お祈りのうちに。
テレジア マルガリタ 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。


タグクラウド