2014年03月22日

聖ヨゼフ様の御絵


聖ヨゼフ様の、ちょっとめずらしい御絵をご紹介します。

赤ちゃんのイエズス様を抱いている聖ヨゼフ様の御像や御絵は多いのですが、幼児期から少年期のイエズス様と一緒のものは少ないですよね。

joseph.jpg


仕事から帰って来るヨゼフ様をイエズス様が途中まで迎えに行って、手をつないでお話ししながら一緒に帰って来るという感じで、とても微笑ましくて好きな御絵です。




一昨日は聖ヨゼフ様の祝日でしたが、この良き祝日に、御ミサに与れたことに感謝です。
この日の聖福音は、12月24日と同じ箇所でした。

< イエズス.キリストの誕生は 次のようであった。母のマリアは ヨゼフのいいなずけであったが、同居するより前に、聖霊によって みごもっているのがわかった。夫のヨゼフは正しい人だったので、彼女を公に辱めようとせず、ひそかに離別しようと決心した。彼が、こうしたことを思い煩っ ていたとき、突然 夢の中に 主の天使が現れて言った、「ダビドの子ヨゼフよ、ためらわずに マリアを妻として迎えよ。マリアは 聖霊によってみごもって いる。彼女は子を生むから その子をイエズスと名づけよ。なぜなら 彼は罪から民を 救う方だからである。」>(マテオ第一章18〜21)


この福音箇所の以前の聖ヨゼフ様の黙想の記事
http://akitadiary.seesaa.net/article/136735481.html?1395278349


四旬節中ですけど、聖ヨゼフ様の祝日は特別ですから、ちょっとリラックスして、家族みんなでエッグタルトとか甘いお菓子をいただきました。
そういえば、某修道院にいた頃は、四旬節が終わってから、代替えで別の日にお祝いしてましたね。

聖ヨゼフ様、世界中の家族をお守り下さい。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへカトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。










タグクラウド