2014年02月26日

秋田の聖母像のレプリカ


 秋田の聖母像のレプリカは、大きいものから小さなものまで いろいろあるようですが、世界中に無数にあるルルドの聖母像やファチマの聖母像に比べると、圧倒的に少ないでしょうね。

 前回の記事で、お手紙を掲載したフィリピンのゼツゼット・パパさんが持つ 秋田の聖母像レプリカの写真と、それを入手した経緯が書かれたお手紙を御紹介します。


 焼けなかったロザリオなどを除いて、大火事ですべて失い、その上、一家の大黒柱である父を病気で亡くされて、アパートで貧しい生活を始めたパパさんご一家のところに 秋田の聖母様が訪れてくださったようで、なんだか御摂理を感じますね。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(引用ココから)


mm2.jpg

お た よ り


 昨年6月号、7月号でご紹介したフィリピンのゼツゼット・パパさんから、お手紙と共に..写真が送られてきました。

。。。。。。。。。。。。


1994年7月1日

......去る5月1日は父の一周忌でした。

 親戚や友人が御ミサに集まったのですが、その時グレゴリオ・アリガさんという81歳の彫刻家が私にマリア様の御像をくださいました。

 この方は、以前 私がアキタについて書いた新聞記事を読んでくださったそうです。

 そしてその記事に付いていたぼやけた写真だけを頼りに、寸法も知らずに御像をつくったのですが、驚いたことに大きさは原型と同じなのです。

 お顔の感じもよくとらえていると思います。
 
 アリガさんは本当に主のお導きによってこれをつくられたのですね。

mm1.jpg



 この御像は 十分乾燥した一本の木からつくられていて、御目はガラス製です。
 写真を同封しますのでご覧ください。.......

 では皆様のお祈りに感謝しつつ。.......



聖体奉仕会準会員誌「湯沢台の聖母」 1994年8月号 12ページより引用


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへカトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。





タグクラウド