2013年12月28日

御降誕節になりました。


e_Nativity


+聖主の御降誕祭、皆様、いかがお過ごしでしたか。

私は家族と一緒に、深夜ミサに行きました。
クリスマスのランチには、友人の家族が来て、ささやかなパーティでした。
友人夫婦の子どもたちは、下の4人が私たちの代子です。

家族が多く忙しいクリスマスですが、お捧げしています。
ヨゼフさま、マリアさまも、長旅でお疲れだったことでしょう、と思って。。

忙しいの半分と、気合いが入らないのが半分で、ブログがなかなか書けません。


シスター笹川の「へびに巻き付かれた夢」の意味
http://akitadiary.seesaa.net/article/232323487.html?1388215401

秋田巡礼中とその後の黙想2010
http://akitadiary.seesaa.net/article/163614433.html?1319689997

などの記事を書いたことがあります。

 安田神父様へも 「秋田日記」のブログの読者さん方から、時々報告が入っていたようで、喜んでいらっしゃったらしいのです。
 それで、私が個人的に忙しく、止めようかな、と思ったこともありましたが、不詳な子どもながら、お世話になった神父様への親孝行のつもりもあって続けていた気持ちもあるんです。
 安田神父様が亡くなられて、ちょっと気持ちの張りが弛んだというか、そんな感じです。
やはり、淋ししいのでしょうかね。。。

 でも、続けましょう、と思います。
教皇様が素晴らしいイベントをなさって下さって、秋田が認知された今こそ、打ち上げ花火に終わってしまわず、この霊性を保って行かなければなりません。

その後押しという意味もあって、フランシスコ・パウロさんの奇跡もあったと思います。
また、今後、もっと奇跡が起こるような気がします。
恵みをいただいたら、黙っていずに、感謝のためにも、主の御光栄のためにも、表わさなければ行けないような気がします。


皆様、良い御降誕節、新年をお迎え下さいませ。
お祈りしております。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへカトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。



.
タグクラウド