2013年09月28日

2人の教皇様はバチカン市国を大天使聖ミカエルに奉献なさいました

 教皇様方、本当にGood Job! ですね。

1972年 に パウロ6世教皇様の「サタンの煙が神の神殿の中へ入って来た」と嘆かれた お言葉が思い出されます。

今、フランシスコ教皇様とベネディクト名誉教皇様が、「コッソリと入り込んできた悪魔は出て行け!」と、おっしゃっているということでしょうか?


海外のカトリックの記事から、拙訳で引用してみます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(引用ココから)

 教皇フランシスコは、新しい大天使聖ミカエルの聖像を祝別し、邪悪な勢力からバチカンの保護を願って 同大天使にバチカン市国を奉献されました。この式典に、名誉教皇ベネディクトが、公の場に珍しく姿を現し、参加されました。

pope francis 2



 アーティスト、ジョゼッペ アントニオ ロムッシオ制作による、この聖像献呈の計画は、教皇ベネディクトによって、その在位期に始められました。

 式典は、バチカン職員たちが参加し、ジョゼッペ ベルテロ枢機卿の司会によって進められました。
 大天使聖ミカエルの聖像の祝別の前に、教皇フランシスコは式典出席者一同に以下のように述べられました。

pope francis 1


「バチカンの庭にいくつかの美術的聖像があります。が、今、ここに加えられる この聖像は、この場所において、また、表現されるその意味においても、特別な重要性を帯びています。
 これは、ただ祝賀的式典というだけではなく、信仰年にふさわしい黙想と祈りへの招きなのです。

 ミカエル ー この名は、『神に等しい者などあろうか』という意味であり、彼は、神の絶対的首位権のために、神の超越性と力をもって戦う戦士なのです。
 聖ミカエルは神的正義を立て直すため、そして、神の民を 敵から、特にすべての敵の中でも最強の敵である "悪魔" から守るために激しく戦います。そして、聖ミカエルは、彼の内に働かれる神によって勝利するのです。
 この彫刻は、邪悪なものは打ち破られ、反抗するものは仮面を剥がれ、その頭は踏み砕かれることを、私たちに思い起こさせます。
 なぜなら、神による私たちの救いは、キリストの聖血によって、皆のために、ただ一度で成就されたからです。

 悪魔は、大天使の面目と人道的なあり方を傷つけようと常に努めていますが、神は悪魔よりも強く、すべての人々に差し出されているのは、神の勝利であり、神の救いなのです。

 私たちは、人生の旅路において、またその中の様々な試練において、一人ぼっちではありません。私たちは、神の天使たちによって支えられ、共に歩んでもらっているのです。いわば、天使たちは彼らの翼をもって私たちを多くの危険を乗り越えるために助け、私たちを引き摺り下ろす様々な辛い現実の中でも、高く飛ぶことができるように、助けてくれているのです。

 バチカン市国を聖ミカエルに奉献するにあたって、
私たちを "悪魔"から 守ってくれるように、
そして "悪魔"を ここから追放してくれるように、と願います。


 さらに、私たちは、バチカン市国を聖ヨゼフに、イエズスの守り手であり聖家族の守り手であった聖ヨゼフにも奉献したいと思います。
 聖ヨゼフの存在が、私たちを強め、日々の生活の中で 常に善をもって悪を退け、神のために時と場所を持つために、もっと勇気を与えて下さいますように。
 聖ヨゼフに、私たちを守り世話をして下さるように、と心から願います。
それによって私たち一人一人の内に、神の聖寵の命は、日々力強く成長することができるでしょう。」


st michael




元記事はコチラです。

http://www.catholicworldreport.com/Blog/2396/pope_benedict_joins_pope_francis_for_consecration_of_vatican_city_to_st_michael_the_archangel.aspx#.UjZ7DLzTXvY



にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへカトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。








タグクラウド