2013年05月30日

聖母マリアの悲しみの理由

 先日、紹介させていただいた、マリア⋅ヴァルトルタの預言と、秋田の聖母の預言には、似たところがあるように思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。


マリア⋅ヴァルトルタの預言

 戦争、疫病、地震、豪雨によって誘起された大量死は、善人と悪人とを彼岸に突き落とすだろう。
  (中略)
 乞食であろうと王であろうと、無知であろうと学者であろうと、老人であろうと若者であろうと、司祭であろうと兵士であろうと死に対して相違は無く、砦を築くことはなかろう。罰はあるだろうし、それは恐るべきものであろう。

(1943年10月29日 聖主イエズスの御言葉)



秋田の預言

 もし人々が悔い改めないなら、御父は、全人類の上に大いなる罰を下そうとしておられます。そのとき御父は、大洪水よりも重いいままでにない罰を下されるに違いありません。
 火が天から下り、その災いによって人類の多くの人々が死ぬでしょう。
 よい人も悪い人と共に、司祭も信者とともに死ぬでしょう。

 
(1973年10月13日 聖母マリアの御言葉)


。。。。。 。。。。。




 いろいろな預言があり、天罰に言及するものも多々ありますが、私たちは現世的な死を恐れることはありません。

 カトリック信者として大事なことは、現世の死の後に、「永遠の命」を得ることです。
 聖主イエズスは、「体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい」(マタイ10・26、28)と、おっしゃいました。

 
 私たちが「永遠の命」を受けるかどうか、そのチャンスは、この世に生きている間にだけあるのです。もし、神様の御目にとって何か悪いことをしているなら、どうしても生きている間に痛悔して改心しなければなりません。

 カトリック信者として、教会の教えをよく理解し、掟を守って生活していれば、現世の死を恐れる理由はありません。死に伴う一時的な苦しみ悲しみは甘受して、神様にお捧げすればよいのです。
 私たちが苦しみや悲しみを捧げるときに、それは祈りとなり、神様からの恵みとなって返ってきます。それは、自分自身のためにも、他の人々のためにも、善となって広がって行きます。
 


 同じときに与えられた秋田の聖母のメッセージは、以下のように続いています。

 「たくさんの霊魂が失われることがわたしの悲しみです。これ以上罪が続くなら、もはや罪のゆるしはなくなるでしょう。」

 ロザリオの祈りをたくさん唱えて下さい。迫っている災難から助けることができるのは、わたしだけです。わたしに寄りすがる者は、助けられるでしょう。」


 聖母が悲しまれるのは、「霊魂が失われること」のためです。地獄に堕ちた霊魂には、「もはや罪のゆるしは無く」、永遠の命を受けるチャンスは、二度と無いのです。永遠の死、永遠の苦しみです。
 私たちは、この「永遠の死」をこそ、恐れなければなりません。そして、その危険があると思われる人々を見るならば、聖母と共に、悲しまなければなりません。

 ロザリオを唱えましょう。聖母に寄りすがる者は、必ず助けられるでしょう。「迫っている災難」とは、霊魂を永遠に失うことに他なりません。
 
 いつ天災があっても、不慮の事故があっても、神様の御前に出る準備ができていますように、毎日、聖母マリア様の尊い御名をお呼びしましょう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへカトリックブログランキング- 管理人のために、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。









タグクラウド