2017年10月17日

パースのSSPXの教会の綺麗な写真


 コメント欄で、トリエント・ミサについて、思ったことや、感じたことを書いて欲しいと、メッセージをいただきました。

>引用ではなく、テレジアさんの思った言葉で書いてほしいのです。テレジアさんの思ったことや感じたことを。


それで、ちょっと考えてみたんですが、ミサに与るたびに、日々、「幸せだなぁ」とか、「ありがたいなぁ」とか、思うばかりで、上手く言葉にならないんですね。

なので、とりあえず、うちの教会の写真をUPしてみます。
パースのSSPXの小さな教会です。
120〜130人くらいで、いっぱいになってしまうでしょうか。
でも、とても綺麗な教会なんです。


photo-7.JPG

聖堂前方です。平日のミサの様子。司式は主任のジョンソン神父様です。
この日は、小さな男の子が侍者に初挑戦の日でした。
一生懸命練習して、まずは、人数の少ない平日に始めるんですね。

お母さんは後ろの方に座っていましたが、お姉ちゃんと弟くんは心配なのか、一番前で見守っていました。




photo 1-2.JPG


祭壇の内陣です。左右に綺麗なステンドグラスがあるのですが、光が強すぎてうまく撮れませんでした。
中央にご聖櫃が安置されており、ルルドの聖母マリアと、幼子イエズスを抱いた聖ヨゼフのご像があります。

この聖母像は、教会の一信徒が夢のお告げを受けて、倉庫にしまってあったものを探し当て、譲り受けてきました。ベッカー神父様が「こんな美しいお顔は見たことがない」というほど、表情がとても神秘的なのです。

ろうそくの間に4つある、真紅の布で覆われているものは、聖人方の聖遺物です。ミサの時は覆いを取ります。




photo 2-3.JPG


聖堂内陣を仕切る壁に、聖テレジア様、その手前に幼きイエズス様のご像があります。
このイエズス様のマントは、典礼暦に季節ごとに、緑や紫、白に変わります。
この緑のマントは私が作りました。(^^)




photo 1-3.JPG


前方向かって左側に、聖体拝領台に掛かる形で説教台があります。
この説教台は、中央にイエズスとマリアの聖心の御絵があり、左右に四福音史家の肖像があります。
アーティストであるベッカー神父様のお姉さまが描いてくださったオリジナルの芸術品です。




photo 1-4.JPG

聖ルカと聖ヨハネです。



photo 2-4.JPG

聖マルコと聖マテオです。


photo 2-5.JPG

一番後方から、聖堂全体を見渡すと、こんな感じです。内陣の美しいステンドグラスがチラッと見えています。



photo 3-2.JPG

入り口近くにある小さな良き成功の聖母像です。



photo 4.JPG

 一番後方、告解所の近くに置かれている聖母子像です。アイルランドかどこかの古いご出現のお姿だそうです。

 私は、この小さなイエズス様の聖心がかわいくて好きです。
「聖心の幼子イエズス」のお姿は大変めずらしいものです。

この右下にろうそくを捧げられるようになっています。



この小さく美しい教会にいつも来れて、心から感謝しています。
人間として創造されて、真の神である創造主を礼拝できるほどの幸いは無いのではないでしょうか?
美しいトリエント・ミサに与れること、告解できること、跪いて主を礼拝できること、すべてのお恵みを感謝します。

この教会に来始める時、不安もありました。
でも、少し経つと、不安だったことも、すっかり忘れていたんです。

人間の霊魂は、無感覚ではないと思います。
イエズス・キリストの現存に触れている安心感、というのは、消すことができないものだと思います。
理屈を超えています。

しかし、理屈、理由についても、主の現存によって、少しずつ教えられてきたように思います。
次回は、その辺も書こうと思います。

感謝と祈りのうちに。

テレジア マルガリタ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。


posted by テレジア at 15:51| Comment(0) | 聖ピオ十世会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド