2018年07月11日

カトリックの教えは人工妊娠中絶と体外受精を否定しています


今年も、7月16日海の日に、マーチフォーライフ(胎児の生命が守られることを願っての平和行進)があります。

 マーチフォーライフ[2018]は7月16日”産み”の日 午後4時 カトリック築地教会から出発します。
カトリック築地教会 → 日本橋 → 東京駅 → 西銀座 → 数寄屋橋 → 銀座8丁目 → 内幸町 → 日比谷公園までの3kmほどを
美しいファチマの聖母の御像といっしょに歩きます。


今年は、司教様方の推薦の言葉もあり、昨年よりさらに多くの方々が参加なさりそうです。
週間予報を見ると、とても暑そうなので、皆さん体調には十分ご注意くださいね。

。。。。。。。。。

ところで、生命問題は、色々な側面があります。
産めれば何でも良い、というわけではありません。

カトリック教会の教えは、堕胎ばかりでなく、体外受精も禁止していることを御存じでしたか?

なぜなら、(現在は)体外受精においては、必ず複数の受精卵をつくり試験管内で数日間培養されますが、それらすべてを母体に戻すわけではなく、「スペア」と呼ばれるいくつかの受精卵は処分(破壊か凍結)されるからです。

受精卵は、最も小さい段階の胎児であり、人間です。


これは、「受精の瞬間から人間の生命が始まる。それらは絶対的に尊重され、守られるべきである」というカトリックの教えに反しています。

「卵子が受精した瞬間から父親や母親のそれとは異なる一つの新しい生命がはじまる。それは、自分自身の成長を遂げるもう一人の生命である。受精のときにすでに人間となるのでなければ、その後において人間となる機会はありえないであろう。この不変かつ明白な事実は現代遺伝学の成果によって裏づけられている。すなわち、現代遺伝学によれば受胎の瞬間から、受精卵の中にはその生命が将来何になるのかというプログラムが組み込まれていることが証明された。それはつまり、受精卵は一人の人間、しかも特定の特徴をすでに備えた一人の個人となるということを意味する。受胎のときから人間の生命は冒険を始めるが、それが持つさまざまの偉大な能力は、発揮されるまでに時間がかかるのである」(教皇庁教理省『生命のはじまりに関する教書』第一章の1)。

「したがって人間の生命は、その存在の最初の瞬間から、すなわち接合子が形成された瞬間から、肉体と精神とからなる全体性を備えた一人の人間として、倫理的に無条件の尊重を要求する。人間は、受胎の瞬間から人間として尊重され、扱われるべきである。そして、その同じ瞬間から人間としての権利、とりわけ無害な人間だれにでも備わっている不可侵の権利が認められなければならない」(同上)。


また、非配偶者間の人工受胎や代理母も、カトリック的倫理観に基づいて否定されています。



カトリックの正しい教えを理解するために、

教皇庁教理省
「生命のはじまりに関する教書」 

《人間の生命のはじまりに対する尊重と生殖過程の尊厳に関する 現代のいくつかの疑問に答えて》

を、御一読なさることをお薦めします。

(日本語版は、カトリック中央協議会から発行されていますが、現在「在庫なし」となっています。
ネットのどこかに載っているかもしれません。)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
カトリックブログランキング- よろしければ、めでたしひとつと クリックひとつ お願いします。




posted by テレジア at 22:31| Comment(0) | カトリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド